天麺

天麺│業務用、うどん、そば、中華、ラーメン、ゆで麺の製造、卸販売。オーダーで注文承ります。│大阪市天王寺区

HOME»  うどんの製造工程

うどんの製造工程

天麺こだわりのうどん製造の工程を、解り易く手打ちうどんの作業工程の入れて説明しています。

 

手打ちうどんの場合

機械の場合

1、小麦粉500g・食塩水250ml用意。
2、食塩水を少しずつ加え混ぜ続ける。
3、ポロポロになるまで練る。

ミキサー

ミキサー内部

1、ミキサー
粉計量/加水計量/
気温湿度により食塩水ボーメの調節

2、ミキサー内部
ミキシング15分~20分間

※画像はクリックすると大きく表示出来ます。

 

 

手打ちうどんの場合

機械の場合

4、足ふみ、ビニール袋などにいれて上から足で踏む。

複合機

3、複合機
複合

※画像はクリックすると大きく表示出来ます。

 

 

手打ちうどんの場合

機械の場合

5、平たくなるまで踏み折りたたんで踏む。
これを3回~4回繰り返す。

圧延

4、圧延
50%

※画像はクリックすると大きく表示出来ます。

 

 

手打ちうどんの場合

機械の場合

6、うどんをだんご状にしてビニールに入れたまま1時間~2時間ねかす。

熟成

5、熟成機
熟成1時間

※画像はクリックすると大きく表示出来ます。

 

 

TDxnJsjS手打ちうどんの場合

機械の場合

7、だんごを少しずつのばす。

8、打ち粉をふり力ずよくのばす。

9、四角くなるようにのばしたらピラミッド型になるようにたたむ。

10、打ち粉をふり包丁で3ミリ間隔で切る。

圧延

切刃

投入口

6、圧延

7、切出し

8、釜投入



※画像はクリックすると大きく表示出来ます。

 

 

手打ちうどんの場合

機械の場合

11、大きな鍋で12分~15分
(熱い出汁で食べる場合)

釜

8、釜投入
釜投入約15分間98℃以上の湯で茹でる。

※画像はクリックすると大きく表示出来ます。

 

 

手打ちうどんの場合

機械の場合

12、ザルに移し冷水で麺を洗う

冷却4℃以下の冷水で殺菌/セイロ取り

9、冷却4℃以下の冷水で殺菌

※画像はクリックすると大きく表示出来ます。

 

 

手打ちうどんの場合

機械の場合

13、麺の水切り

玉取機

10、規定のサイズに麺を計量

※画像はクリックすると大きく表示出来ます。

 

 

手打ちうどんの場合

機械の場合

14、器に移し鰹だしなどでいただけます。

梱包

10、包装

※画像はクリックすると大きく表示出来ます。

 

 

冷蔵庫(10℃以下保存)

出荷

出荷